写真及びへなちょこショートショート


by shichirio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

スクランブル

ジリリリリ・・・・・
けたたましい音でベルが鳴り響く
ここは、航空自衛隊のスクランブル発進基地
整備員が、素早く飛行機を準備し、パイロットがそれに続く
メイドインジャパンの要撃戦闘機が轟音とともに飛び立つ
緊急事態だ
すぐさま防空司令所では、GCIOといわれる要撃管制官が緊急発進をした要撃機に
指示をおくる。
しかし、これからが以前のスクランブルと違うところだ
全世界は、紛争も戦争も無くなった
国籍不明機に対するスクランブルも減少し今では皆無に近くなった
たまに、遊覧目的の航空機が迷い込み防空識別圏に侵入してしまうことがあるだけだった

男は、恋人が家を出てくるのを待った
約束の時間がとうに過ぎていた
「まったく・・・女は化粧に時間がかかるからな」
家から足早に女がやってきた
「ごめんごめん・・ちょっと遅くなっちゃった」
・・・(何がちょっとだよ・・)
男は、腹立たしさを表面から隠したが、時間の遅れは明らかだった。
その裕福な男の車は、フェラーリだった。
高速道路では、優に時速200kmは超える。パトカーも追いつけない。
速度制限を守ると到底予定の時刻に間に合わない
しかたがない。この車はフェラーリなのだ、敵はない。

最近は、景気の落ち込みと同時に犯罪が増加の一途をたどっている。
警察力では、すべての犯罪に対処できない。
そこで目を付けられたのが自衛隊である。
有事の際は、警察と同等の任務が与えられるのだが、この際、拡大解釈し、海上での犯罪防止や検問、スピード違反の取り締まりなどが、自衛隊へ任務付与されたのである。

スクランブル機は、これまたメイドインジャパンのミサイルを装備している。
移動中の目標に対し数センチの誤差でピンポイント攻撃ができる高性能ミサイルだ。
要撃管制官の指示で目標を与えられる。
低空飛行が指示される。
目標まで、約20キロ、ミサイルを放つよう指示が与えられた。
パイロットは、躊躇せずボタンを押す。

たしかに、男と女の乗ったフェラーリは敵なしだった。
「ざまあ見ろ」
これで約束の時間に間に合う。
ほっとした瞬間、スピード違反取り締まりのスクランブル機の放ったミサイルがピンポイントでフェラーリに命中した。
[PR]
by shichirio | 2010-12-18 22:41