写真及びへなちょこショートショート


by shichirio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

受付嬢 その6

珠美が就職して、2週間が経過した。
相変わらず、訪れる人もなく退屈な毎日だった。
ときおり、清掃員のおじさんが声を掛けてくれていたことが通勤の苦痛から解き放たれる励みになっていた。e0130137_2205064.jpg
「私は、受付嬢なのに・・。とりあえず、受付の勉強しなくっちゃ。」珠美は、考えを変えることを決意し、退屈な毎日から脱却しようと受付の心得などに関係する資料を集めて練習した。
練習は順調に進んだ。隣のビルにも出かけ受付の様子を伺った。そして、この練習成果を資料にしたいと思いパソコンと格闘した。
一段落した頃には大学で研究した経済についての動向を調べ始めた。新聞も毎日かかさず読んだ。
時が過ぎ、1か月が経過した頃。(お給料はもらえるのかしら?)と思いつつ恐る恐る銀行口座をみると相当額の給与が振り込まれていた。「ああ良かったわ」安堵したが、直ぐ疑問が心の中でわき上がっていた。「いったい誰が振り込んでいるのだろうか。・・」
机の中にも、またいくらかの現金が入っていた。
[PR]
by shichirio | 2008-03-30 21:28